ホームスポンサー広告 ≫ お金の仕組みを変えることが社会を変える第一歩ホームお金について ≫ お金の仕組みを変えることが社会を変える第一歩

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>>シンプルライフに応援ありがとうございます!

シンプルライフランキングには、シンプルな暮らしがたくさん!

お金の仕組みを変えることが社会を変える第一歩

現代人のほとんどが「お金」のことで悩んでいます。

生活費が多少足りないという程度のことから
仕事を無くして収入が途絶えてしまって生活できないことや
借金を抱えて夜逃げしなくてはいけない状況になったり
会社の資金繰りができなくて倒産に追い込まれたり

だからみんな
「お金はあった方が良い」と言います。

「あっても邪魔にならないから」と。

だけど、現代社会の不幸の始まりは「お金」に絡むことがウェイトを占めているのではないでしょうか?

この問題に切り込んだのが、「モモ」や「はてしない物語」の原作者ミヒェルエンデでした。

エンデはお金に関する人々の不幸を解決する方法を提案しています。

それが、「エンデの遺言」というドキュメンタリーで
一つの「お金」のスタイルについて提案しています。

>>>シンプルライフに応援ありがとうございます!

それが「地域通貨」という考えです。

現在、日本の通貨は
政府発行権として日本銀行が発行していますが、
この通貨発行権を
地域に移譲し、
地域が通貨を自由に発呼すること。

地域通貨には「利子」と言う考えはなく、
発行してから1年経過するごとに
お金が1割くらいつづ目減りしていくこと。

が、現在使われている通貨とは大きく違う点です。

お金が1年で1割目減りすれば、
人は貯め込むことはしません。
どんどん使います。

お金は使うことで、
循環します。

しかも、その地域で使われるので
地域の経済が潤います。

そして地域の財政状況によって
その地域で自由に通貨を発行するかどうかを決めることができるので
地域(=地方)が独立できます。

詳細は動画にてご覧ください。













⇒シンプルライフランキングへ

シンプルライフランキングには、シンプルな暮らしがたくさん!

コメント













管理者にだけ表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。