ホームスポンサー広告 ≫ 酒についてホーム調味料 ≫ 酒について

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

>>>シンプルライフに応援ありがとうございます!

シンプルライフランキングには、シンプルな暮らしがたくさん!

酒について

お酒は、お料理には欠かせない調味料の一つ。
実は、昔はお酒も味噌や漬け物と一緒に各家庭で作られていました。

家庭で作られていた酒は「どぶろく」と言って、
削らない穀物を麹で酸化発酵させていました。

伝統的な製法で作られたお酒は、麹カビと乳酸菌、酵母が生きており、
身体をリラックスさせてくれるだけでなく、
健康増進効果もありました。

一般庶民は、お料理以外でも、
一日の疲れを自家製のお酒で癒していました。

しかし、明治32年の法律で酒を家庭で作ることが禁止され、
酒税が課され、
酒はお金を出さないと手に入らないものになりました。


もっと酷いことに、
経済的な効率を優先して、工業用アルコールにグルタミン酸ソーダと糖分を加え、
20種類以上の添加物を加えた合成酒と呼ばれるお酒が出回るようになりました。


>>>シンプルライフに応援ありがとうございます!

合成酒は、伝統的な酒とは全く異なり、
本来のお酒の効用はほとんどありません。

飲み続ければ身体を壊してしまいます。

現在でも一般的に出回っているお酒の90パーセントくらいが
合成酒です。

料理酒もほとんどは合成酒です。

伝統的な製法で作られたお酒と、合成酒では、
お料理のまろやかさや美味しさが全く違います。

私が好きなお酒は寺田本家さんのお酒。

伝統製法で作られる数少ないお酒の一つです。

味はまろやかで、二日酔いしません。
お料理に使えば素材の味が引き出されます。

⇒寺田本家さんのホームページはこちら


お酒も、伝統的な製法で作られたものを使うようにしましょう。

シンプルライフランキングには、シンプルな暮らしがたくさん!

コメント













管理者にだけ表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。